神待ち掲示板で日々エッチ

  • 投稿日:
  • by

先週の事です。神待ち掲示板で知り合った看護師の女性を家に泊めました。
初めての家出らしくかなり不安がっていました。
私は自分の部屋に帰ると、汚れた服をすぐさま取り替えエッチに備えました。
そしてインターホンが鳴り響くと、私は、玄関へと向かったんです。
他の人に気づかれないよう、買い物に行っていた彼女をすばやく室内に入れた瞬間、彼女の体を求めました。最近ご無沙汰だったのが、影響していたのかもしれません。
まるでタガがはずれたかのように、私たちは情熟的なキスを繰り返してお互いの体をむさぼりあいました。
下着を取り替えたばかりの彼女でしたが、すぐに膣から愛液があふれ出ていました。彼女もエッチが久しぶりだったようです。
私は熱い溜め息を放つと、神待ち女性の手を取り、私の寝室へと招き入れました。
そしてまたもや情熱的なキスをしたあと、愛撫をしまくりました。神待ち掲示板で何人かの家出娘とエッチをしましたが、一番のいい女でした。
その日は昼間ということもあり、部屋の中は明るく、互いの体はすべて見えます。
トランクスをおろすと、血管の浮き上がったペニスが跳ね出てきたのですが、ED気味の最近にしてはかなり反り返っていました。
予想以上の大きさに彼女はかなり興奮したらしく。フェラをしてきました。彼女が神待ち掲示板にはまりそうな素質がかなりあるようです。
フェラによって彼女の口の中には唾液がどんどん溜まっていきました。私はその快感に方針状態でした。
喘ぐような家出女性の言葉がうれしくて、丁寧に愛撫を続けていたのですが、彼女のあそこからは大量のラブジュースがあふれ出て、彼女のほうが限界に来たようです。
何度か逝ったようでした。 彼女はペニスを口から抜き取ると、すぐさま立ち上がり立ちバックを求めてきました。
互いに全裸になると、改めて私は、彼女をべッドの上へと押し倒しました。
私の全身は火がついたように火照っていました。そして、AV男優のようにテクニックを駆使しました。
こう見えてもネットの掲示板やサイトでいろんなエッチのテクニックは勉強しているんです。それを神待ち娘に試して反応を見るのが楽しみと言っても過言ではありません。
その彼女もかなり感じていたようです。ヒクヒクと痙攣していました。その姿を見ると私の満足感はかなり満たされるんです。興奮度MAXです。
男は誰でもそういうところがあると思いますが、私は特にその傾向があると思うんです。AVの見すぎだと思いますが、なかなかAV女優のようないい女は、ネットでは見つかりませんね。

また別の日に、神待ちサイトで知り合った泊め男は、かなりモテるタイプで、家出がきかっけで付き合ったんです。そして半年で別れました。私がフラれたんです。
だから元彼、元カレと言っても、私は、ただのセックスフレンドの一人にすぎなかったのかもしれません。
その彼にフラれ、そのことが受け入れられず、彼の家に押しかけたところを、男友達に慰められたことが、新しい彼との出会いのきっかけです。
つまり彼は、最初から私とか神待ちサイトで知り合った彼との関係を全部知っていて、その上で私との交際を選択してくれたということ。そういう意味では、とても感謝していますし、愛してもいます。
セフレ扱いされていた私を本当に大事に思ってくれていました。
私も、元彼への想いは断ち切ったと思っていたのです。でもそれは違っていました。心のどこかに彼への未練があったのです。ある日、私は彼に久しぶりに連絡しました。してしまったんです。
そして、彼に会いました。金曜日の深夜でした。すぐに彼の家に行き、そのあと、私たちは何度も愛し合いました。初めて家出した私を泊めてくれて、彼と初めて結ばれた部屋でした。
今回は、家出では、なくて完全な浮気です。
彼は、絶倫で射精しても、すぐに復活するものですから、私も身体を合わせるたびに、これまで経験したことのない絶頂に達していました。
それ以来、彼は私と会う機会を頻繁に作ってくれました。私のエッチのテクニックを気に入ってくれたようです。
こうして最近ではほぼ毎日のように泊め男の部屋へ忍び込み、私たちは禁断の関係を続けているんです。
そして、彼氏にいつ別れを切り出そうかと悩んでいます。優しくて私を愛してくれている彼に言い出せないままもう3か月が過ぎました。
私は、悪い女です。でも、女って多かれ少なかれこんなもんなのかもしれません。ひどいんです。
いくら私が、男好きとはいえ、夫のいる既婚女性がネットの掲示板やSNSで知り合った元彼とよりを戻して手を出すなんて、以前は、とても考えられませんでした。
ところが、それから一週間も経たない日曜日。私は偶然に旦那が友達と電話で話している会話を聞いてしまったんです。
なんと、旦那は私の浮気に気づいていました。ほんとにびっくりしました。いつから知っていたかは定かではありませんが。
友達との電話にしては妙にひそひそと話していて、私は妙な胸騒ぎを覚えました。
その日の午後から友人と買い物に出かけたのですが、不安はどんどん増すばかり。
動悸が激しくなり、まるで心臓が口から飛び出てきそうでした。
そして、その2か月後に夫とは円満に離婚し、神待ち掲示板で知り合った元彼とも関係も切れました。家出神待ち掲示板